Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月05日

【韓国】「超一流病院の屈辱」〜MERS治療から排除されたサムスンソウル病院

抜粋:「超一流病院の屈辱」〜MERS治療から排除されたサムスンソウル病院

 サムスンソウル病院が評判に見合わない粗末な感染管理行動を見せ、最終的に中東呼吸器症候群(MERS)の治療から完全に排除されるという屈辱を味わった。

 5日、防疫当局とサムスンソウル病院などによると、この病院で治療中だったMERS患者16人のほとんどが別の病院に移された。12人は、国立中央医療院、ソウル市のボラメ病院などに転院したし、3人の患者は、保護者と転院する病院などとの協議を経て、近いうちに転院する予定である。残りの1人は完治して退院した。こうなると、サムスンソウル病院は、MERS感染者が一人も残らない状態となる。疑い患者50人だけが、この病院に残る。

 中央MERS管理対策本部のチョン・ウンギョン疾病管理センター長は「サムスンソウル病院の多くの医療スタッフが確定患者にさらされて自宅隔離になるに応じて、残った医療スタッフの負担が大きくなったため」と転院の背景を説明した。

 防疫当局は、転院の過程で感染のリスクが大きくなるにも関わらず、患者を別の病院に移す道を選んだのである。韓国最高の病院として指折りだったサムスンソウル病院がずさんな感染管理でMERS患者数を増やしてしまい、結果的に治療から除外されてしまったのだ。

 防疫当局は、サムスンソウル病院の医療スタッフが使用する個人用防護具の着用と脱衣法について再教育した。「一流病院」が「基礎教育」を再度受けた格好だ。このような屈辱は、サムスンソウル病院自身が招いたという指摘が多い。今までのMERS患者の半分は、サムスンソウル病院で発生しているのである。

 サムスンソウル病院の関係者は「患者数が多くて、医師と看護師の負担が強かった」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/07/04/0200000000AKR20150704038600017.HTML


posted by クライバー at 07:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サムスン病院だけがまともな患者数を発表するからじゃない?
一時期サムスン病院が閉鎖されてから発表が無くなったもんな、韓国政府に取って邪魔なんだろうね。
Posted by at 2015年07月05日 08:46
韓国政府の責任をサムスン病院にすり替える魂胆が見え隠れする。
Posted by at 2015年07月05日 14:11
勝手に一流に扱いして重荷を背負わせてもね
設備を資金力で工面しただけの見せ掛けだろ
やってる事が三流以下だからボロが白日の下に晒されて恥かいてんだろ
韓国は自惚れて記事書く記者多いからどんな記事もその内笑いのネタになりそうだよね
Posted by at 2015年07月05日 15:09
まだまだ韓国でMERS患者が出続けます、

間違いない、なぜなら韓国だから。
Posted by at 2015年07月05日 15:20
あの国は先進国の上っ面だけを真似して成り立っている国だから、
本質が問われるものは、全く駄目で当たり前。
一寸躓くと、ボロだらけ。
Posted by at 2015年07月05日 22:14
こんな国と国交を持ちたいと思っている日本人がいることが問題だ。
二階俊博を始め、政治家や財界人に多い。
戦争をする必要は無いけど、
最も重要な隣国などと媚びる必要はないだろう。
安倍慎三の支持率が多少は高いのは、
歴代の総理よりは毅然とした態度で韓国に接しているからである。
Posted by at 2015年07月05日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。