Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月06日

【韓国】日本、世界遺産登録〜朝鮮人強制労働「公式認定」

抜粋:日本、世界遺産登録〜朝鮮人強制労働「公式認定」

 日本の明治産業革命施設が朝鮮人強制労働を公式に認めて、ユネスコの世界遺産に登録された。

 ユネスコの世界遺産委員会は5日(現地時間)、ドイツのボンで開かれた第39回会議で、日本政府が申請した近代化産業施設23箇所を「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」という名前で、世界遺産登録を決定した。日本の安倍晋三首相は、登録が確定されると声明で「心から嬉しく思う」とし「日本の伝統と外国の科学技術を融合してわずか50年で産業化を達成した偉業を守るために遺産を保全し、後世に残すための決意を新たに固めたい」と明らかにした。

 産業施設を保有している日本の各自治体では、市民が集まって、この日、世界遺産委員会を生中継で見守った。登録が確定されると、歓声があふれたし、一部の市民は、感激の涙を流したりもした。

 先立って日本は、安倍首相の主導の下、長崎造船所、八幡製鉄所、端島炭坑など明治時代の産業革命に寄与した全国23カ所の産業施設を世界遺産に登録申請した。しかし、韓国はその産業施設が、日本の植民地支配時代に朝鮮人5万7900人を強制的に徴用して、労働を搾取したところであり、数千人が亡くなったり行方不明になったと、世界遺産の普遍的価値に背くと反発した。

 焦った日本側は、両国がこれまで水面下の交渉を広げた末、日本が朝鮮人を該当施設で強制徴用して労働を搾取したという事実を決定文に脚注(footnote)を付ける事で合意し、事態が収拾することになった。日本は、朝鮮人の強制徴用と公式に認定したが、韓国側が世界遺産委員会の発言文で日本の産業革命施設の朝鮮人強制労働の事実を公式に言及することにして、日本側が反発し、再び不確定要素ができた。当惑した日本は、発言文の程度を調整するための事前調整を要請したし、我々の側がこれを拒否し、交渉は新たな局面に入った。

 最終的には、両国が審査が再開される直前に妥協に成功し、佐藤地ユネスコ日本大使は「1940年代にいくつかの施設で、多くの朝鮮半島の出身者などが、その意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」と認めた。続いて「各施設の全体の歴史を知ることができるようとの勧告を誠実に従うこと」とし「インフォメーションセンターの設置など、犠牲者を記憶にとどめる適切な措置を取る」と明らかにした。

 ユン・ビョンセ外相もすぐに記者会見を開き「歴史的事実はそのまま反映されなければならないという韓国政府の原則と立場を貫徹しており、その過程で、両国の激しい対立を避け対話を通じて問題を解決出来た」と明らかにした。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002124694


posted by クライバー at 10:18| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日韓首脳会談はしません
Posted by at 2015年07月06日 10:31
朝鮮人の狙いはユネスコの文章に強制徴用の文言を入れることだったか。今度はこれをネタに謝罪と賠償が始まる。マジ狡い
Posted by at 2015年07月06日 10:59
お給料と三食付いて強制だって?現在日本に来ている朝鮮人を日給2000円で強制労働させてしまえ。
Posted by 韓国嫌い at 2015年07月06日 11:12
また従軍慰安婦の二の舞か? 
謝罪と賠償の嵐がやってくる。次の大統領の時とみた。
しかし日本は韓国にたいして何か根源的な弱みでもあるのだろうか?
何故同じ誤りを繰り返す。お人好しを越えて愚鈍・痴呆のたぐいにしか思えない。
Posted by at 2015年07月06日 13:59
安部首相は私よりばかぼんでした。日本の外交敗北
Posted by ばかぼん at 2015年07月06日 14:04
日本の金で日本に強制徴用の宣伝施設を登録する。あべは馬鹿以下。
Posted by 安室波平 at 2015年07月06日 14:09
またも日本のオウンゴール。自民党もだめ。民主党はもっとだめ。私は選挙でどこに投票すればよいのか
Posted by 浜子デラックス at 2015年07月06日 14:43
「強制労働」の解釈はない
「against their will and forced to work」
「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/07/06/2015070601494.html
Posted by at 2015年07月06日 14:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。