Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月20日

【韓国】現代起亜車「ハイブリッドカー販売台数世界第3位」〜日本メーカーは?

抜粋:現代起亜車「ハイブリッドカー販売台数世界第3位」〜日本メーカーは?

 現代起亜自動車は昨年、世界のハイブリッドカー市場での販売台数で3位を記録しました。

 日本の自動車調査研究機関(株)フォーイン(FOURIN)の世界自動車調査月報によると、現代起亜自動車は昨年、全世界のハイブリッドカー市場で7万7473台を販売し、トヨタ(116万2千台)、ホンダ(27万9千台)に次いで3位を占めました。

 現代起亜自動車は2009年7月にアバンテ、フォルテLPiハイブリッドを発売し、ハイブリッドカー市場に第一歩を踏み出しました。以来、2011年には、世界で初めて「並列型ハードタイプハイブリッドシステム」を搭載したソナタ・K5ハイブリッドを市場に出して環境に配慮した技術力を認められました。これに伴い、現代起亜自動車のハイブリッドカーの販売台数は、2010年の6062台から2011年に3万4863台、2012年に5万2590台へと増加しました。ハイブリッドカーの販売順位も2011年と2012年には、2年連続で3位になった。しかし、2013年にフォードに3位の座を渡して、昨年再び3位を奪還したのです。

 しかし、現代起亜車は、ハイブリッドカー市場では善戦したが、電気自動車市場では、昨年レイとソウルを合わせても661台を販売するに留まって劣勢は隠せません。ハイブリッドカーと電気自動車を合わせたエコカー全体の販売順位では、完成車メーカーで5位を記録しました。トヨタが118万3千台で圧倒的な1位を占め、2位はホンダ(27万9871台)、3位フォード(8万7208台)、4位日産(8万4316台)の順でした。

 現代起亜車の関係者は「2020年までにエコカーのラインナップを22車種以上に拡大し、世界の自動車市場でエコカーのシェアを世界2位レベルまで向上させるでしょう」と述べました。

【記事】
http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003082068


posted by クライバー at 09:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々ワロタ
Posted by at 2015年07月20日 12:49
頭がお花畑
Posted by at 2015年07月20日 13:00
肝心の、14年の販売台数が描かれてないようだが?

電動が661台で、エコカーで僅差のフォードが合計8万程度だから、8万台以下の販売数であることはほぼ確定。
そして12年の売り上げが5万台。
フォードの電気自動車の販売数が分かれば、もっと絞れるんだけどな。

10年から12年までの販売台数の伸びから推測するのが普通だろうけれど、何となくすでに頭打ちしてそうな感じがするので、ふさわしくないと思ってしまう。
13年にフォードに負けてるってのも、その要因かも。
Posted by at 2015年07月20日 21:52
リピーターは居ないwww
Posted by at 2015年07月20日 22:37
ミライの特許公開よりもハイブリッドの特許を公開しろ!!

と、トンスルの新聞ほざいていたなぁ。
Posted by at 2015年07月20日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。