Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月21日

【韓国】「韓国産初のプラグインハイブリッド車」試乗記〜手頃な経済性と性能

抜粋:「韓国産初のプラグインハイブリッド車」試乗記〜手頃な経済性と性能

 (現代車の)「ソナタPHEV」に試乗してみた。

 去る17日、韓国産車初のプラグインハイブリッド(PHEV)の「ソナタPHEV」を国内メディアの中で初めて試乗した。ソナタPHEVは、現代自動車が14日まで受け付けた「お客様招待試乗会」に1万1,700人が応募したほど消費者の関心が熱い車である。

 ソウル大峙洞(テチドン)の現代自動車国内営業本部の地下駐車場でソナタPHEVの充電用キャップを開いて、220Vのコンセントに充電器を差した。放電したバッテリーが完全に充電されるまでの時間は、4時間30分と表示された。1時間15分ほど充電すると、​​バッテリー容量が38%まで上がった。インストルメントパネルについた4.2インチのカラー液晶画面には、電気9q、ガソリン293qを加えた総走行距離が302qと表示された。

 始動して電気(EV)モードでアクセルペダルを踏むと、直ぐにモーターが回った。50kwモーターの出力は68馬力だが、トルクがソナタ2.0ガソリンモデルと同等の20.9kg・mであり、速い加速が可能であった。京畿(キョンギ)道城南市(ソンナムシ)亭子洞(チョンジャドン)まで約22qを走行した後、測定した燃費は、電気だけで走った9kmを合わせて43.5km/Lであった。

 ソナタPHEVには、EV(電気自動車)とHEV(ハイブリッドカー)以外にエンジンのみ稼動して、バッテリーを充電するハイブリッド充電(HEV CHG)モードもある。試乗案内の社員は「都心では、モータを組み合わせるハイブリッドが経済的で、HEV CHGは、エンジンを主に使う高速道路に適している」と説明した。

 ソナタPHEVは、容量9.8kWhのリチウムイオン電池が採用されており、電気だけで44km走ることが出来る。韓国で市販予定のフォルクスワーゲンゴルフPHEVやアウディA3 Sportback e-tronのEVモードの最大走行距離50kmと大差ない。むしろ中型セダンのゆったりとした室内空間は、輸入PHEV勢に比べて強みである。

 ただし、ソナタPHEVは、ハイブリッドより1,000万ウォンほど高い価格が普及の障害である。現代車の関係者は「年末に政府の補助金の規模が確定すれば、ソナタPHEVの販売が本格化するだろう」と期待した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】(実車の写真)
http://www.hankookilbo.com/v/4a3d580372ee4c7d92b084477244c49a


posted by クライバー at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウェハハ ホルホル ウェハハ ホルホル

まで読んだ。
Posted by 今日も元気で、ウェハハ ホルホル at 2015年07月21日 20:06
>約22qを走行した後、測定した燃費は、電気だけで走った9kmを合わせて43.5km/Lであった。

どれほど馬鹿なのか。ノーベル賞は未来永劫無理だあ!
Posted by at 2015年07月22日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。