Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月24日

【韓国】三菱、中国強制労働者被害賠償〜「韓国人被害者の賠償はいつ?」

抜粋:三菱、中国強制労働者被害賠償〜「韓国人被害者の賠償はいつ?」

 日本の三菱マテリアル(以下三菱)が第2次世界大戦中に同会社で強制労働させられた中国の労働者に謝罪、補償することにした事が韓国の被害者にどのような影響を与えるかが注目される。これまで三菱は、1972年の日中共同声明に基づいて、中国政府はもちろん、個人の賠償請求権も存在しないという政府の立場と最高裁判決に基づいて、中国人被害者の要求に応じて来なかった。

 今回、立場を変えたのは、「戦犯企業」というイメージを払拭することが、中国市場の開拓に役立つという判断が作用したものとみられる。加えて、日本の民間大企業と、日本政府が「二人三脚」で歩んできた伝統に照らして、最近、日中関係の改善の流れの中で、三菱は、(日本)政府の「OKサイン」を受けたと推定される。

 日本の最高裁判所は法理に基づいて、中国人原告らの賠償請求を棄却したが、強制連行と強制労働の事実は認めた。2007年4月、「企業の自発的対応をすることは妨げられず、被害救済の努力が期待される」という意見を判決文に添付した。

 関心は、既に韓国の裁判所で訴訟を進行中の三菱重工業が韓国人の被害者たちにも同じ動きを取るかどうかだ。まず、三菱の他の系列会社である三菱マテリアルが自発的な形で強制労働の被害救済に乗り出したという事実自体は、韓国側にも態度を変えることが有るのだという期待をさせる。

 しかし、現在の日韓関係の状況、被害者の規模などで韓国と中国の状況は違っており、解決の見通しは、ただ明るいだけではない。実際、三菱マテリアルの社外取締役である岡本幸雄は、最近の記者会見で「韓国の徴用被害者は、法的状況が違う」と明らかにしている。

 これは「植民地時代の朝鮮人強制徴用は、国際労働機関が禁止した強制労働に該当せず、韓国人の個人の賠償請求権は、日韓協定によって終結した」という自国政府の立場に従うという趣旨であると読み取れる。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=41625&yy=2015
posted by クライバー at 20:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本に言うのではなく、祖国の朝鮮に言えって話ですね
Posted by   at 2015年07月24日 22:28
三菱は政府と事前に話し合っているのかな?
三菱の単独行動ならとんでもない話だ。
三菱と日本政府には「損して得取れ」を
忘れずに頑張ってもらいたい。
Posted by at 2015年07月24日 23:20
三菱マテリアルは中国人労働者や遺族と和解していませんけど…たらーっ(汗)

三菱マテリアルHP7月24日発表
本日、一部報道機関において当社が元中国人労働者や遺族と和解する方針を固めたとの報道がございましたが、当社が発表したものではありません。報道された案件ついて、現在さまざまな話し合いを含め、検討を行っていることは事実ですが、現時点において決定した事実はございません。開示すべき事項を決定した場合には速やかにお知らせします。(ソースは三菱マテリアルのホームページ)

謝罪・賠償について記述がなく、和解しておりませんよ。全くの飛ばしの捏造記事だね。
Posted by at 2015年07月25日 00:23
ウリにも賠償するニダ
Posted by at 2015年07月25日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS