Powered By 画RSS   【RSS】

2015年07月25日

【韓国】グローバル500企業数「中国60>日本33>韓国2」

抜粋:グローバル500企業数「中国60>日本33>韓国2」

 グォン・テシン韓国経済研究院院長「競争国と格差が大きく広がって、産業の壁が憂慮される」

 韓国経済研究院が2005年から10年間のブルームバーグが発表した世界的な時価総額500企業のデータを分析した結果、韓国は2005年に8社、今年(7月基準)2社(サムスン電子と韓国電力)に減少したことが分かった。中国は同期間に15社から60社へと4倍に増加し、日本は2005年の57社から今年33社に減少したが、最近になって増加傾向に転じた。更に、これら500企業の時価総額で韓国企業が占める割合は、急激に減少して0.5%となった。

 世界的な時価総額順位500大企業を(2014年基準)産業別に分類した結果、韓国は、自動車1社(現代車) 、電力1社(韓国電力)、半導体1社(SKハイニックス)、ICT・事務電子機器1社(サムスン電子)の4社に過ぎない。一方の日本は、自動車、銀行、電子機器、医薬品業界など17社、中国は自動車、銀行、保険、インターネットサービスなど16社で韓国を大きく上回っている。

 グォン・テシン韓国経済研究院の院長は、分析結果をもとに、「韓国を代表する企業の時価総額と国家の主力産業などで米中など競争国との格差が明確に広がっていて、産業の壁が憂慮される状況」と述べた。続いて「それだけ我々の経済規模に比べて、代表的な企業の育成が遅々として進んでいない事を意味する」と強調した。グォン院長は「韓国企業が成功的な事業再編をするためには、何よりも「長期的な投資」をしなければならない」とし「そのためには、信頼性の高い経営環境づくりが必要不可欠である」と力説した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
   2014年基準の数字と2015年7月基準の数字が混在しています。
【記事】
http://joongang.joins.com/article/846/18313846.html?cloc=joongang%7Cext%7Cgooglenews
posted by クライバー at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
韓国は何でも日本と比較したがるが、
自国の国力について評価ができないのだろうか。
多くの事で日本に及ばなくて当たり前である。
身の丈に合った国を差がして比較してみたら。
Posted by at 2015年07月25日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。