Powered By 画RSS   【RSS】

2015年08月01日

【韓国】現代自動車「インドで反トラストで課徴金」〜同時進行で訴訟進行中

抜粋:現代自動車「インドで反トラストで課徴金」〜同時進行で訴訟進行中

 平均売上高の2%相当である14のグローバル企業も共に現代自動車がインドの反トラスト法違反の疑いで、766億ウォンに達する課徴金を賦課(ふか)された。31日、業界によると、インド競争委員会(CCI)は、現代自動車がインド内でトラスト法に違反したとして、最近42億ルピー(約766億ウォン)の課徴金を払わされた。先にCCIは、昨年8月にトヨタ、日産、タタ、マヒンドラ、GM、マルチ・スズキ、フォード、フォルクスワーゲン、ベンツ、BMWなどのグローバル自動車メーカー14に対して225億ルピー(4千300億ウォン)を同理由で課されたことがある。

 現代車はこの時、行政訴訟を起こして、当時課徴金賦課対象から外れた。しかし、最近、インド政府との行政訴訟とは別に、14社と共に高等裁判所の審議を受ける事が決まり、課徴金を割り与えられることとなった。CCIは声明を通して「現代車を含むグローバル企業が市場で支配的な地位を利用して、インド内の部品の修理市場を妨害して公正な競争を害した」と主張した。

 現代車の関係者は「今回の独占禁止法違反と同時進行で、現代起亜車は行政訴訟を進めており、残りの14社と共に、高等裁判所審議も受けることになって、課徴金が課された」とし「インドでは慣例であった部分もあり、現在では全てが改善された状態」と説明した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015073178848


posted by クライバー at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。