Powered By 画RSS   【RSS】

2015年08月31日

【韓国】現代起亜車などの年俸〜トヨタ&VWより高い

抜粋:現代起亜車などの年俸〜トヨタ&VWより高い

 最近、雇用労働部長官が現代起亜車の高賃金に言及して話題だ。

 彼は、政府が推進する労働改革と関連して「最も重要なのは、自動車業界である」とし「現代起亜車、両社の賃金の平均が9400万〜9700万ウォンで、1人当たりの国民総所得(GNI)と比較すると、現代起亜車は3.3倍、トヨタは1.7倍」と指摘した。このように、世界最高水準の高賃金と生産性の低さのため、国内の自動車産業の競争力が落ちるという懸念が後を絶たない。

 韓国自動車産業協会によると、この賃金水準は、ドイツのフォルクスワーゲン(6万4783ユーロ・約9062万ウォン)より僅かに多い数値だと言う。また、事業報告書を根拠に推定したトヨタの838万円(8351万ウォン)よりも多いのだ。売上高に対する賃金の割合も、韓国5社の平均は昨年基準で12.4%で、フォルクスワーゲン(10.6%)やトヨタ(7.8%・2012年基準)よりも高い。

 以上を総合すると、外国企業よりも付加価値が低い製品を生産しながら、賃金は同等以上ということになる。

 産業研究院研究委員は「(韓国の)蔚山工場は、1970年代に作られたが、一方の海外工場は、2000年代以降に作られたため、生産性がより高いという言葉は正しい」としながら「このようなことを考慮しても、韓国工場と海外工場の違いはあまりにも明らかであり、韓国工場の生産性は低いとすることができる」と述べた。

【記事】
http://www.mediapen.com/news/articleView.html?idxno=90336


posted by クライバー at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。