Powered By 画RSS   【RSS】

2015年09月03日

【韓国】韓国の繊維技術「日本に押され、中国に追われて」

抜粋:韓国の繊維技術「日本に押され、中国に追われて」

 5年後の2020年。日本・韓国・中国3カ国の繊維産業の技術水準が日本が100%であれば、韓国は85%、中国は75%に達することが分かった。我が国が日本の技術力に追いつけずにいる中で、中国の追撃が加速化されているという分析が出てきたのである。

 韓国経済研究院は「繊維産業の韓・中・日国際競争力の比較分析と政策提言」報告書でこのように明らかにした。韓国の繊維産業の技術水準は、2010年75%、今年は79%、2020年には85%に小幅上昇することが分かった。中国は、2010年55%、今年65%、2020年には75%に繊維産業の技術水準が着実に高まると予想された。これに伴い、韓国と中国との技術格差は、2010年に20%p(ポイント)、2015年14%p、2020年10%pで、10年間で半分ほどに減ると予想された。日本と韓国の技術格差は、2010年25%p、2015年21%p、2020年15%pとなった。(日本は各年で100%として計算されています)

 3カ国の世界の繊維市場シェアは、2013年を基準として、中国37.9%、韓国2.2%、日本1.2 %の順である。韓国は、2007年の2.7%から2013年に2.2%と世界市場でのシェアが下落した。日本は、2007年の1.7%から2013年に1.2%へと減少した。一方の中国は、2007年の34.1%から2013年に37.9%へと上昇した。

 韓国経済研究院は「中国が中低価格品を中心に輸出を拡大して、同じ低価品の輸出競争力を持つ韓国の市場シェアが低下している」と主張した。また、日本は市場シェアは低いが、高い技術力をもとに「高性能産業用繊維素材1位生産国」に位置していると説明した。続けて韓経研は「最近、日本と中国が高機能性繊維の生産に注力している」とし「韓国も高付加価値市場の高機能性繊維素材と高度な産業用繊維を育てる方向に産業構造を再編しなければならない」と強調した。

 実際、日本では需要が高い高性能・高機能性繊維、ナノ繊維などの高付加価値産業用繊維の開発に投資を拡大している。中国も高付加価値製品を中心に産業構造を調整して、最先端の産業用繊維の産業化を推進している。しかし、我が国は、生産額で衣類が占める割合が最も高く、それさえもほとんどが国内市場に中古価格で供給され、輸出用も中低価格を中心に構成されており、競争力も低い。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://joongang.joins.com/article/915/18582915.html?cloc=joongang%7Cext%7Cgooglenews


posted by クライバー at 12:16| Comment(8) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
基礎が無い韓国には到底無理な話

そのまま沈んでしまえ
Posted by at 2015年09月03日 12:46
東レが税務署にやられるか
Posted by at 2015年09月03日 13:17
東レが「ウリは韓国企業ニダーっ!」つーてそっち行ったがな
仲良うやれや (´∀`*)ノシ 
Posted by at 2015年09月03日 14:32
>>技術水準が日本が100%であれば、韓国は85%、中国は75%に達することが分かった

なのに戦闘機の片翼も独自につくれないのか・・・・w
Posted by at 2015年09月03日 15:13
東レの会長って、何であんなにニダ顔なの?
Posted by at 2015年09月03日 16:44
100年前の日本は紡績大国だったんですがねえ
高機能ハイテク繊維へ路線変更するまでの苦労だって
その下地があってこそ
Posted by at 2015年09月04日 07:47
繊維産業って斜陽産業かと思ったら、分からんもんだね
基礎技術の大切さをしみじみ・・・
韓国に足りない部分だね、まさに斜陽だよね国ごと
Posted by at 2015年09月04日 23:33
まず地道な技術開発ということが韓国人には不可能だということ。
そして技術維持ということも韓国人にはできない。
どんな産業も韓国人がトップになるということは無理でしょう。
Posted by at 2015年09月05日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。