Powered By 画RSS   【RSS】

2015年09月07日

【韓国】家電業界、中国「急浮上」日本「再浮上」

抜粋:家電業界、中国「急浮上」日本「再浮上」

 「IFA 2015(家電展示会)」〜現場で見た日中のメーカーに対し、韓国メーカーは、徹底した対策が必要である。「日本と中国が変わったのだ」

 ドイツのベルリンで4日から9日まで開かれているヨーロッパ最大の家電展示会「IFA 2015」に中国の電子メーカーが頭角を表している。昔の「電子王国」日本の電子メーカーも戦列を整え、世界市場の再攻略を狙う姿である。

【中国家電の「急成長」が確認】
 1651社が参加した今回のIFAにブースを設けて、製品を展示した中国メーカー(香港含む)は、合計659社、実に全体の40%を占めた。中国メーカーは、IFAの展示場が2カ所有り、△チャイナブランドのショー△チャイナパビリオンなど2つの中国館を設け、「革新的技術、インスピレーションを与える品質」をモットーに積極的な広報攻勢に出ている。

【日本の家電の再跳躍】
 日本の代表的な電子企業ソニーとパナソニックも、今回のIFAに大型展示場を設けて、(今までの)長い停滞を乗り越えて再跳躍するという意志を明らかにした。ソニーは、4Kスマートフォン以外は特別な新製品は出さなかったが、展示場全般を「楽しみ」というコンセプトで演出し、大きな反響を受けた。特に、バーチャルリアリティ(仮想現実)の3Dゲームなどを楽しもうとする来場者で展示場がぎっしりと埋まった。パナソニックは、都会的で洗練されたデザインで展示場を飾って注目された。パナソニックは、UHDカーブド(曲面の)OLED TVをはじめ、5.1チャンネルの無線ホームシアター、生活小型家電など、様々な製品を披露した。また、日本の寿司の専門家を招いて、その場で寿司を握るデモンストレーションなども多くの注目を集めた。

 パナソニック家電担当社長はIFA公式メディアである「IFAインターナショナル」とのインタビューで、「2018年までに、消費者家電の売上高を2倍に増やす」と宣言するなど、グローバル市場で本格的な攻勢に乗り出すことを明らかにした。

【徹底した対策が必要】
 今回、IFA展示場を視察したドイツ韓国大使は「韓国メーカーの活躍は本当に誇らしい」としながらも「しかし、日中メーカーの動きを見ると、グローバル市場での競争が激しくなることを示しており、徹底した対策作りが必要と思われる」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=18605156&cloc=rss%7Cnews%7Ceconomy


posted by クライバー at 04:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国の罠、仲間にして潰す
Posted by at 2015年09月07日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。