Powered By 画RSS   【RSS】

2015年09月21日

【韓国】外国のCEOも首をかしげる韓国の労働文化〜「野球のバットで。。」

抜粋:外国のCEOも首をかしげる韓国の労働文化〜「野球のバットで。。」

 韓国に投資する外国企業の最高経営責任者(CEO)が剛性労組に対して、痛烈な批判を浴びせた。一昨日、韓国経済研究院が主催した座談会で、彼らが指摘した弊害は、後進国の労働文化そのものであった。

 韓国GMの社長は「昨年、組合員が野球のバットを持ってオフィスビルに乱入して機器を破壊するという衝突をした。全世界で、このような慣行が存在する国は、韓国しかない」と語った。続けて彼は、「GMが本社を置く30カ国のうち、毎年賃金交渉をする国も韓国だけ」とし「5年間で賃金が50%も上昇した」とも述べた。

 外国のCEOは、韓国の剛性労組がやっかいで、投資を取りやめた事例まで公開した。エイミー・ジャクソン駐韓アメリカ商工会議所の代表は、「2010年から毎年1億ドル程度を投資していた会員の会社は、労組による経営の不確実性のために、今年から投資を全面的に中断することにした」と明らかにした。別のCEOは、「整理解雇をめぐる労働組合との対立で、一時韓国からの撤退を検討したことがある」と伝えた。外国企業でさえ背を向ける企業環境で、投資を撤退した企業は、何社に登るのだろうか?

 この様に、企業の事情は気にせずに、自分の給料だけ上がれば良いと思っている組合員が少なくない。その結果、企業の競争力が墜落する。

 外国のCEOは、企業の競争力を高めるために、「現在推進中の労働改革が労働市場の柔軟性を高め、コストを削減する方向に向かわなければならない」と強調した。国民の考えもこれと変わらない。しかし、労働界だけは、必死になって反対するのだ。

【記事】
http://www.segye.com/content/html/2015/09/18/20150918003819.html
posted by クライバー at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝鮮では古来より労働者の意識が高く、頻繁に両班との賃金逃走を繰り返していた。
当時の朝鮮は貨幣経済ではなかったので、貨幣の代替物としてニワトリが用いられていたが、
このニワトリを当時の朝鮮語で「羅」と呼んでいた。
彼ら労働者らは党を組み、時には暴力にも訴え、ニワトリ数を必死で交渉した。
この働きかけは羅代党運動と呼ばれ、その名声はユーラシア大陸全土を貫き轟いてゆく。
ヨーロッパ半島の西部にある島々でも、朝鮮へ続けと資本家と労働者間の闘争が勃興していった。
イギリス人は朝鮮の羅代党をまね、ラッダイト運動を頻発する。
−−「失われた労働運動の起源を求めて」キム・サンシン民明書房刊
Posted by at 2015年09月21日 10:33
犬は人間でない。即殺のみ。
Posted by at 2015年09月21日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS