Powered By 画RSS   【RSS】

2015年10月07日

【韓国】日本、二日連続でノーベル賞輩出〜「自然科学大国」の底力

抜粋:日本、二日連続でノーベル賞輩出〜「自然科学大国」の底力

 梶田隆章、東京大教授とアーサーB.マクドナルドカナダクイーンズ大教授が今年のノーベル物理学賞受賞者に選ばれた。

 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は6日(現地時間)、ニュートリノ(neutrino)研究に寄与した日本の梶田隆章教授とカナダのマクドナルド教授を2015年のノーベル物理学賞受賞者として共同選定したと発表した。梶田隆章教授とマクドナルド教授は、ニュートリノ振動を介してニュートリノに質量があるという事実を発見し、すでに有力なノーベル物理学賞候補として名前の挙がってきた人物である。ノーベル委員会は、「この二科学者の発見が、物質内部の作用の理解を変えた」と評価した。

 これで日本は、昨年の青色発光ダイオード(LED)を開発し、革新的な照明技術と省電力を達成した赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏などに続き、2年連続でノーベル物理学賞を受賞した。

 また、前日、微生物研究の業績でノーベル生理医学賞の受賞者に選定された大村智北里大教授に続いて二日連続でノーベル賞受賞者を輩出し、「自然科学大国」の底力を誇示している。

【記事】
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002149274


posted by クライバー at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。