Powered By 画RSS   【RSS】

2015年11月10日

【韓国】現代車の大気環境の改善「世界15社のうち最下位」

抜粋:現代車の大気環境の改善「世界15社のうち最下位」

 現代自動車をはじめとする世界的な自動車メーカーのうち、7社が2021年の欧州連合(EU)の二酸化炭素排出量の目標値を達成できず、罰金を支払う可能性がある見込みが出てきた。

 10日、欧州の環境団体「交通と環境」の報告書によると、現代車とホンダ、GM、フィアット、BMW、スズキ、マツダなど7社は、現在の二酸化炭素排出量の削減傾向が続けば、2021年のEU目標値に達しないと予測された。報告書によると、現代車とホンダは、分析対象15社のうち、最も遅い2027年になってようやく目標を達成するだろうと予想した。また、GMは2026年、フィアットは2025年に目標に到達してBMWとスズキ(2024年)、マツダ(2023年)がこれに先立って目標を達成するだろうと予想した。

 EUの環境規制に基づいて、欧州で自動車を販売するメーカーは、2021年までに平均二酸化炭素排出量を95g/q以下に下げなければならない。これに合わせることができなければ、1g /qを超えるごとに1台当たり年間95ユーロ(約11万9000ウォン)を罰金として支払わなければならない。例えば、現代車は昨年、欧州で42万4467台を販売したが、このような販売台数であれば、EUの基準を1g/qを超えるたびに、4032万ユーロ(503億ウォン)を払うことになる。

 現代車などの企業は、ヨーロッパで罰金を支払わなければならない状況を回避するには、研究開発を通して排出量を大幅に下げなければならないと見られる。 自動車メーカーは、過去2008〜2014年に平均3.6%を削減したが、現代車は最も少ない2.2%を削減するにとどまっている。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://economy.hankooki.com/lpage/car/201511/e20151110061646142570.htm
posted by クライバー at 11:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HCやCOやNOxは三元触媒で抑えられるけど、C02を減らすっていうのはどうすればいいの。燃費をよくすればいいの?、内燃機関を使わなければなおOKっていうことでいいの。
Posted by スバル1300G at 2015年11月10日 11:40
もうEUは、電気自動車か、馬、ロバ、馬車に代えたら?・・・どれにしても、山での生活は辛いだろうね。
Posted by skya at 2015年11月10日 12:29
VWはどういうからくりで7社から抜け出したんだ?
Posted by at 2015年11月10日 14:10
VWは2021年には存在してないんだろwww
Posted by at 2015年11月10日 19:41
日産とトヨタしか残らねーってことかい
Posted by 日産とトヨタ at 2015年11月11日 15:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS