Powered By 画RSS   【RSS】

2015年11月11日

【韓国】日本の良心「在日朝鮮人の人権会」〜NHKと朝日新聞が取材

抜粋:日本の良心「在日朝鮮人の人権会」〜NHKと朝日新聞が取材

 去る29日午後5時30分。長崎の岡正治平和記念館から3分ほど離れた建物の3階座敷には、日本人20人が集まった。「長崎在日朝鮮人の人権を守る会(人権会)」の事務局長柴田トシアキさん(65)の講演を聞くためだ。この日は、韓国から来た取材陣と北東アジアの平和連帯一行が共に来ており意味合いはより大きかった。長崎の地元の新聞や「朝日新聞」、日本の公営放送局である「NHK」なども取材にきた。

 この日の講演は、韓国からの参加者のために木村氏が通訳を務めた。軍艦島は、太平洋戦争末期、朝鮮人と中国人が強制的に動員されて、石炭採掘を引き受けて非人間的な労働に追い込まれた現場である。1943年当時、500人余りの朝鮮人労働者が働き、窮屈なトンネルを掘り下げながら作業をして、窒息とトンネル崩壊の危険に置かれていた。一度入ると抜け出せないということから「地獄の島」というニックネームで呼ばれたところである。

 軍艦島は、7月にユネスコの世界近代文化遺産に登録された。日本は軍艦島をユネスコに登録するために軍艦島内の1910年以前に建てられた部分のみ切り離して三菱造船所など7つの施設と共に「明治産業遺産群」という名前を付けた。韓国と中国政府は、軍艦島の強制徴用の歴史を分断しようとする日本の試みに反発したからである。ユネスコ委員会は、登録に反対する国があれば、世界遺産に登録しない。なので、過酷な強制徴用が行われた1930年代を抜いてしまったのだ。この様にして、軍艦島を象徴するコンクリートの建物は、1カ所も含まれなかった。今回登録された世界遺産は、1910年以前に建てられたいくつかの防波堤とトンネルの入り口だけである。

 柴田氏は「1910年で限定した理由は、その年に日韓強制併合があったからである。あまりにも飾り程度である」と声を高めた。1 時間30分余りの講演が終わっての感想を共有する時間が続いた。この席に参加したある日本人は「韓国語を学んでいるので、韓国語で感想を伝えたい」とし「南北分断の責任は戦犯国である日本にもある。ところが、この様な事実は忘れて、複数の理由を挙げて軍事化をして、蛮行を犯している」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://ilyo.co.kr/?ac=article_view&entry_id=150601#close_kova
posted by クライバー at 10:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>北東アジアの平和連帯一行が共に来ており・・・
北朝鮮系やん。
なあ、アカヒと日本反日協会さん。
Posted by at 2015年11月12日 02:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。