Powered By 画RSS   【RSS】

2015年11月27日

【韓国】造船ビッグ3「給料返却、常時希望退職、忘年会次々とキャンセル」

抜粋:造船ビッグ3「給料返却、常時希望退職、忘年会次々とキャンセル」

 「溶接棒一つ、大切に使います」(大宇造船海洋部長)「今年は忘年会はない。緊縮経営に突入したので、すべての行事がキャンセルです」(現代重工業代理)「ソウル事務所から巨済造船所に出張に行くときは、バスにしか乗ることができません」(サムスン重工業課長)今年、兆単位の赤字が予想される国内の大規模造船3社が危機克服のために腰のベルトをきつく締めている。

 4兆ウォンを超える営業損失を出した大宇造船海洋は、残った鉄板もリサイクルする。造船3社の中で、状況が最も難しいところは大宇造船海洋である。当初大宇造船海洋は、従業員に11月の給与支給すら難しかった。産業銀行など債権団から4兆2000億ウォンの支援を受けることにしてその場をしのいだが、いつ、どのようになるかわからない状況である。

 遅滞補償金の再交渉も盛んである。現場では、溶接棒一つでも大切に使う。余剰鉄板も強度試験用にリサイクルして、カラー印刷も禁止してモノクロ印刷のみを許可している。ソウル市中区の本社社屋は、売却後、再リースして使用することにした。

 造船業界の関係者は「企業が不必要なコストを削減するのは当然のことである。しかし、コストの削減が業績改善にどのように役立つかは不透明だ」と述べた。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2015/11/27/2015112700957.html


posted by クライバー at 12:01| Comment(18) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当り前の事を、しない企業は、潰れる業績が、良い時も駄目な時も 通常にやるべき事を、やらないからだ。
韓国、日本どこでも同じ。日本でも急に成長した企業に限って はったりをする。普段 持ち慣れていない金を、手にしたからだ。トヨタを、見てみろ。業績関係なく 無駄や不合理は、排除している。
Posted by 名無し at 2015年11月27日 12:45
日本!金くれっ!韓国かタヒんでもいいのかっ!

兄のピンチを助けないなんて!

まるで日本人のようだぞ!
Posted by 敵国ですし at 2015年11月27日 13:40
急場しのいでも助かる道あんの?
楽になった方がいいんじゃん!
Posted by ななし at 2015年11月27日 16:21
日本の造船業は今死ぬほど忙しいんだけど。
長引く不況で設備や人員に投資してこなかったから特に…
Posted by at 2015年11月27日 16:44
米国の利上げ前でこの状態
本当に利上げしたらマジで止めになる
米国はよっ
Posted by at 2015年11月27日 16:57
潰れる時なんて皆同じ 潰れるものは何したって潰れる
潰れる筈のものを無理矢理ゾンビ化するから
後々ろくでもないことが起こる
朝・鮮とかゆう国も、素直に潰れさせておけばなあ・・・
Posted by at 2015年11月27日 17:57
どうでもいいし関係ないけど、彼らは12月に忘年会をやるのかね?旧正月前にやるのかね?
Posted by at 2015年11月27日 17:58
この3社が倒産したとすれば何人が職を失うのか知りたい。
Posted by at 2015年11月28日 10:14
素直には信じられない。
どうせ、政府が税金投入して助けるでしょ。
んで、国民が怒る。←批難を躱す為、こんなに努力してるんですよ、のパフォーマンス記事。
でも、外貨準備が足りないのも事実。
いつまでこんな事続けられるのか、じっと見守るつもりですよ。
(見守るだけ。けして助けてはいけない)
Posted by はじめまして at 2015年11月28日 14:59
コスト削減が、手間ばかりかかってかえってコスト増になるような全部駄目なやつばかり…


そういえば3社併せて2兆円以上の、海洋関係の受注残があるのに、
海洋開発系のヨーロッパの会社が軒並み巨額赤字出している。

慌ててタンカーやコンテナも取っているけど、安値受注の悪循環。


もう、3分の1くらいの規模に縮小して、景気の上下に対抗できる経営方式へ
切り替えないとどうにもならない。
いったい日本の何を見ていたのだろうか。
Posted by at 2015年11月28日 22:31
まあ、どんなに困窮しても、もう日本は助け舟出さないからねw
自分の尻は自分で拭きなさい
Posted by - at 2015年11月28日 22:49
状況に対処できない企業は現状維持で耐えるか消えるのが普通、そんなの世界共通の常識ですよ朝鮮人。他国が助けてくれるなんて甘いこと考えてると現状は悪化する一方でしょうね。日本だって不況を耐え忍び乗り越えた企業はいくらでもあるし潰れた企業もたくさんある。
Posted by by at 2015年11月29日 07:15
元々自国通貨の為替相場で商売をやっていた韓国企業の製品なんかに何の魅力もないだろ。その最も売りの「安価」というセールスポイントを失ったら、売れなくなる。当然のことだろ?韓国〜「イルボンはウリナラに対する愛情は無いのか?!」日本〜「ない!!(キッパリ)」。
Posted by 宗主国様のスローガン「自力更生」に習え at 2015年11月29日 07:51
受注の為の原価割れなんかしていると、傷口を広げるだけだぞ。最悪の自転車操業。もう生き残りのチャンスは無い。潔く商売をたため。
Posted by もう死に体だ。潔く商売を終えろ。 at 2015年11月29日 07:55
遅すぎる損切り。
生命維持装置をはずされたら、植物状態の韓国造船業は倒産するしかないけどね。
Posted by at 2015年11月29日 12:58
これって、バラ積み船、コンテナ船、お安いLNG運搬船を超〜安値受注してて、
赤字体質+自転車操業(今の造船の次の受注の前受け金で作ってる)だったのが、
リーマンショックで受注が減ったのを石油掘削リグの受注で補おうとした。
リグは頻繁な設計変更はデフォ(そんな業界)+韓国造船界には設計、製造の
KNOW-HOWがほぼ皆無で、2014〜2015年で、大宇造船海洋、現代重工業、
サムスン重工業の3社は、5兆ウォンずつの赤字を出してて、
2016年も同額の赤字が予想されてる(石油掘削リグの受注残があるから)
韓進重工業など4位以下は3社との受注競争に敗れて石油掘削リグは受注できていないが、
リーマンショックでの激減で体力が無いのは同じ

ちなみに韓国のボーナスは支給日の在籍して無い支給されないから、
12月中旬はクビ切りのオンパーレド・・・(造船だけでは無く他の業種もね)
Posted by at 2015年11月30日 11:26
溶接棒ケチるなよ。
ただでさえ雑であろう溶接に加えてそんなことしたら海に出た途端に溶接部位がぱっくり割れるぞ。
Posted by at 2015年11月30日 13:01
日本は一刻も早く韓国と国交断絶をするか

経済難民入国禁止法を制定するようにしなくちゃ
Posted by at 2016年01月19日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。