Powered By 画RSS   【RSS】

2015年12月04日

【韓国】造船受注6年間で最悪

抜粋:造船受注6年間で最悪

 国内造船メーカーが受注飢饉で苦しんでいる。大型海洋プラントの発注が次々と延期されている上、船舶受注は中国企業に奪われているからだ。先月の国内造船会社の船舶受注量は、中国の5%にとどまり、6年間で最も低調だった。このような傾向が続けば、大規模な赤字に苦しんでいる造船の売上すら急速に落ち込んでいくと懸念される。

 3日、造船業界によると、第4四半期に発注が予定されていた大型海洋プラントのほとんどが来年に持ち越された。モザンビークの浮遊式液化天然ガス生産設備(FLNG)の発注は、来年上半期に延期された。イタリアのエネルギー会社ENIが推進するこの事業は30億ドル(約3兆4500億ウォン)規模と予想されていた。現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋など「造船ビッグ3」が受注戦に乗り出していたが、いつ発注するかすら予測できない状況になった。

 シェブロンが発注する15億ドル(約1兆7250億ウォン)規模のタイの「ウボンプロジェクト」も無期限に延期されたことが分かった。40億ドル(約4兆6000億ウォン)規模のナイジェリアのボンガ浮体式石油生産設備(FPSO)なども同様だ。

 業界関係者は「10近い大型海洋プロジェクトの発注時期が今年の下半期から来年に延期された」とし「このうちのいくつかは、事実上発注を放棄したという話も出ている」と説明した。

 別の造船業界の関係者は「今年上半期、韓国の造船会社が超大型コンテナ船と超大型タンカーを大量受注して累積1位を記録しているが、下半期の実績を見れば、中国に押されている」とし「このような状況が続けば、韓国の造船会社が売上不足で苦しむことになる」と憂慮した。

一言:タイトルは、原文記事の通りです。
【記事】
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2015120374591


posted by クライバー at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いずれにせよ赤字受注するのだから、寧ろ助かったんじゃあ???
Posted by あ at 2015年12月04日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。