Powered By 画RSS   【RSS】

2016年06月21日

抜粋:ハンシンピョン、大宇造船海洋、現代重工業など造船会社の格下げ

 韓国信用評価が20日、大宇造船海洋(042660)・現代重工業(009540)などの主要造船会社の信用格付けを一斉に1段ずつ下方修正したと明らかにした。ハンシンピョンはこの日、大宇造船海洋の信用格付けを「BB +」から「 BB0」で、現代重工業は「A +」から「A0」に引き下げたと発表した。現代尾浦造船(010620)と現代三湖重工業は並んで「A0」から「A-」に降格された。これらの企業の信用格付け見通しも大宇造船海洋は「下方のレビュー」を、残りの企業は「否定的」を維持した。ハンシンピョンは、サムスン重工業の信用格付けは、保有していないと付け加えた。

 ハンシンピョンは、現代重工業に対して受注不振に事業の安定性が低下して収益構造・キャッシュフローの改善するかどうかも不確実であると指摘した。現代三湖重工業と現代尾浦造船は、現代重工業の信用格付けの変更の影響を受けた。また、大宇造船海洋は、今年に入っても受注不振、営業赤字、財務負担過重などの問題が続き、経営正常化するかどうかに不確実性が消えない点が指摘された。ユゴンハンシンピョン室長は「中・短期的に造船メーカーが受注実績を大幅に改善するのは容易ではない」とし「受注不振と物量縮小による事業の安定性の低下の可能性が拡大した」と指摘した。

 ユ室長は「不振の受注が長期化すると、政府や債権団レベルで、より強度の高い追加構造調整案が提起される可能性があり、今後業界全体の景気変動に加え、造船・海洋プラント部門の受注実績とコスト競争力の改善、財務構造の正常化の可能性などを重点確認すること」と述べた。ハンシンピョンに先立って韓国企業評価(034950)とNICE034310)の信用評価もそれぞれ先月末と今月初めに定期的信用評価結果の造船会社の信用格付けを一斉に出している。


【記事】

http://www.sedaily.com/NewsView/1KXNVQFYQO/

posted by クライバー at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439232715

この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS