Powered By 画RSS   【RSS】

2016年06月23日

抜粋:今年5人労災死亡現代重工業、また死亡事故発生

 今年に入って下請労働者5人が、業務上の災害で死亡して特別勤労監督を受けた現代重工業で死亡事故がまた発生したことが確認された。下請け業者は、兵士という理由で雇用労働部に重大災害発生の報告をしなかった。しかし、労働者2人が呼吸困難などを訴えただけの死亡原因が職場環境のではないかという指摘が出ている。

 ハンジョンエに加え、民主党議員が22日、労働部から提出された資料を見ると、現代重工業海洋事業部社内下請業​​者暁星ENG所属の労働者李氏(57)が16日塗装作業をした後、デッキ上に上がってきてリラックスしていた中、胸・頭の痛みを訴えた。李氏は、蔚山大病院に搬送され、治療を受けたが、この日の夕方終了死亡した。一日後、17日にも同じ場所で下請け業者安全ジョンダムジャ羽毛氏(58)がめまいを訴えて救急車で搬送された。ウさんは意識があり、自分の挙動が可能な状態である。

 産業安全保健法を見ると、ユーザーは、産業災害で死者が発生した場合は、遅滞なく管轄地方雇用労働官署に報告しなければならない。しかし、ユーザーは、李氏が死亡診断書上の兵士という理由で労働部の蔚山支庁に重大災害報告をしなかった。

 パク・ヘヨン労働健康連帯労務士は「密閉された作業場で働いていた労働者が痛みを訴えた後、病院に運ばれ死亡した場合、職場環境の徹底した調査が必要である」とし「業務上の災害ではないと判断は、ユーザーが恣意的にしたと考えてはいけない。労働部が作業停止命令を下した後、業務上の災害かどうかを正確に把握しなければならない」と述べた。


【記事】

http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201606221739001&code=940702

posted by クライバー at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS