Powered By 画RSS   【RSS】

2016年06月26日

抜粋:造船業の構造調整に巨済・蔚山、地価下落率1位・2位

 造船業の構造調整が本格的に行われ、造船業が地域の主力産業である蔚山と巨済島の地価が落ちたことが分かった。

 26日、国土交通省と韓国鑑定院によると、先月地の変動率下位5つの地域に慶南巨済市と蔚山東区がそれぞれ1位と2位の名前を上げた。

先月全体の市・郡・区のうち、地価が下落したのは、巨済市と東欧を除いてゲーム富川梧亭区だけだった。

  今年初めまで巨済市と蔚山東区の地価は横ばいを維持した。

そうするうちに巨済市は去​​3月、東区は今年4月地価変動率が前月比マイナスに転じた。

 3月初めには、大宇造船海洋など造船「ビッグ3」が昨年85千億ウォンの史上最大規模の赤字を出したというニュースが伝えられ同月末には、韓国企業が独占していた受注残高基準で世界3大造船会社でサムスン重工業が脱落したというニュースが有った。

 去る4月には、ユイルホ副首相兼企画財政部長官が「供給過剰・脆弱業種の構造調整をより先送りすることができない」と明らかにし、政府が造船業の構造調整資金調達方案などを発表し、造船業の構造調整が本格的に開始する。

 今後巨済市と蔚山東区地価については、鑑定院の関係者は、「巨済市は観光産業が一部ありますが、造船業が地域経済の大部分を占め、そのうち地の変動率がプラスに反発するのは難しい」と述べた。

 続いて「蔚山東区は、造船業のほか、自動車産業があり、巨済市より造船業の構造調整に伴う地価の下落が制限することができる」と説明した。


【記事】

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/06/24/0200000000AKR20160624153600003.HTML



AKR20160624153600003_01_i.jpg

posted by クライバー at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。