Powered By 画RSS   【RSS】

2016年06月30日

抜粋:火のついた電気自動車戦争、韓国はまだ足踏み

 最近フォルクスワーゲン排出ガス操作事件が水面上に浮上し、自然に自動車の燃費操作の問題が浮上した。加えてディーゼル車が微細粉塵の主犯として数えながらも、環境にやさしい自動車が注目されている。その中の電気自動車は、電気エネルギーを利用してモーターを稼動させる車自体は完全無公害​​車で耳目を集中させている。

 しかし、これまでの競争力の理由で愛されていない電気自動車をグローバル企業が運行距離を二倍ほど増やした実用的な電気自動車市販の目の前に置いており、全世界的に、電気自動車の戦争が予想されている。


【電気自動車後進国、韓国】

  

韓国は電気自動車市場後進国に挙げられる。技術力はもちろん、充電インフラが絶対的に不足しているからである。ここに絶対に必要な国内電気自動車政策もむしろ後進しているという批判を受けている。これまで無料だった急速充電スタンドの使用料金が今年4月から有料化したためである。たとえガソリン車と比較して45%レベルであっても、充電インフラも不足している状況で、政府の政策は、電気自動車市場に冷水を浴びせる格という批判が提起されている。これは、微細粉塵対策としてディーゼル車を挙げながらも電気自動車のインフラを設けていない政府の皮肉な政策というものである。

  

 不足している充電インフラと技術力にもかかわらず、私たちの会社は、電気自動車の開発に熱を上げている。現代自動車は、1回の充電で320qを走る電気自動車SUVのを2018年公開を目標に開発中である。また、2020年までに26種のエコカーラインナップを備えという計画も明らかにした。加えて、629日には、ジェネシスのブランドを活用した高性能電気自動車を発売するという計画も披露した。これは、電気自動車の主性能に選ばれる1回の充電時の走行距離を確保して、高級化戦略を前面に出して電気自動車市場に対応するという方針だ。



【記事】

http://hyundaenews.com/sub_read.html?uid=22765&section=sc2&section2=

posted by クライバー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。