Powered By 画RSS   【RSS】

2016年09月15日

抜粋:現代車、水素自動車「世界初」の開発の主導権を守ることができるか?

 未来環境にやさしい車として脚光を浴びる水素燃料電池車(水素車)を世界に先駆けて開発した現代自動車が後発の猛追に脅かされている。これまでは、現代自動車がヨーロッパとアメリカなどに輸出するなど、主導的な役割を果たしてきたが、日本のトヨタをはじめ各国の自動車メーカーが価格競争力などをもとに続いている。これに対し、現代自動車グループは、将来のエコカー開発への投資を増やして底辺を拡大するなど、反撃に乗り出している。

 15日、業界によれば、現代車は去る2013年に世界初の水素自動車「ツーソンix FCEV」を発売し、世界を驚かせた。数百年の歴史の自動車会社を抜いて自動車後発走者だった現代車が世界初というタイトルを勝ち取りたからである。

 ツーソンix FCEV燃料電池は、1.7リットルのディーゼルエンジンほどの動力性能を出すことができ、最大出力とトルクはそれぞれ100㎾(約139馬力)、30.6s.mまで可能である。昨年発売された新型ツーソン1.7 e-VGTモデル(141馬力、34.7s.m)と比較してみても、パフォーマンスが大幅に劣らないできである。1回の充電時の走行距離も400qを超える。

 しかし、現代車の独走にトヨタ・ホンダ・日産など、グローバルハイブリッド市場で頭角を現している日本の自動車メーカーが、水素自動車に目をあて、積極的な開発に乗り出している。特にトヨタはセダンタイプの水素茶【みらい】を前面に出して猛追している。したがって、韓日の自動車メーカー間の熾烈な競争が繰り広げられるものと見られる。

 トヨタは過去2014年に水素自動車「みらい」を発売した。国内では6月に釜山モーターショーで初めて披露した。特に昨年末、2050年までに二酸化炭素排出量を2010年比で90%まで減らすという「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、水素電気自動車などのエコカーを前面に出した状態である。ホンダも3月に量産型水素自動車「クラリティ」を発売し、競争に参加した。

 これに対し、現代車も反撃に出た。2020年までに電気自動車を含むエコカーモデルを合計28車種に拡大し、1回の充電で320kmを走行することができる電気自動車を開発している。現在、現代・起亜車はツーソンix FCEVの水素茶1車種をはじめ、ニック・ニーロ・ソナタ・K5・グレンジャー・K7などハイブリッド車6種、ソナタ・K5などプラグインハイブリッド2種類、ニック・ソウル・レイなど電気自動車3種など全12種のエコカーラインナップを備えている。

また、エコカー部門の研究開発人材を3200人採用して2018年までに総額113000億ウォンの大きな投資を断行する予定である。

 現代車の関係者は、「内燃機関車を交換する環境に優しい車である一般的な電気自動車と水素電気自動車の普及が徐々に拡大している中で、現代車は電気自動車と水素自動車を未来の成長動力として三積極的に開発していく計画だ」と語った。

【記事】

http://www.newstomato.com/ReadNews.aspx?no=689626


imgres.jpg

posted by クライバー at 12:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

抜粋:受注造船業界、下半期も不振の見通し...

 リストラの真っ最中、造船業が最近になって、意味のある受注を上げているが、受注不振は下半期まで続くとの見通しが出てきた。業界は、原油価格の変動に応じて発注量が異なることがあると報告している。最近、全国経済人連合会(全経連)は、ソウル汝矣島全経連会館で「2016年の経済・産業の展望セミナー」を開き、下半期にも不利な経営環境が続くものと見した。

 受注回復はカナダの原油生産回復と米国の金利引き上げで、国際原油価格の上昇も限定的だろうという分析だ。私たちの造船業界は、上半期末尾ぐらいになってようやく、ようやく受注を開いた。

 現代重工業の場合、先月クウェートのAMPTC社で159000DWT(載貨重量トン)級タンカー2隻を受注した。今回の受注は、現代重工業とAMPTCが今年3月に締結した船舶の契約のオプション2隻を発酵したことによるものである。 

 大宇造船海洋も最近、昨年11月以来、7カ月ぶりに受注に成功した。大宇造船はギリシャアンジェリクシスグループ傘下マランガスとマランツタンカースで液化天然ガス(LNG)船2隻、超大型原油運搬船(VLCC2隻をそれぞれ受注した。城東造船海洋も7ヶ月ぶりに受注干ばつで脱出することに成功した。ギリシャで75000トン級製油運搬船4隻(オプション2隻を含む)、約17000ドル規模の契約を締結し、一息ついた。大統領選挙朝鮮はSUS(ステンレス鋼)タンカー4隻とPC(石油化学製品を運ぶ)船2隻を獲得した。


【記事】

http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20160618010008842

posted by クライバー at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

抜粋:「清浄江原アスパラガス」日本初の船舶輸出

 清浄江原のアスパラガスが初めて船で日本に輸出された。 27日、江原道農業技術院(院長バクフンギュ)によると、江原道アスパラガスの生産者連合会は、スンウン貿易を通じて去る19日アスパラガス1.7tを日本で船舶輸出した。 


 主生産地であるヤンググンルルを中心に26日(6t)、30日(4t)など5月まで計7回にわたり20t、12万ドルのアスパラガスが輸出される見通しである。 農業技術院は2013年年度からアスパラガスの輸出有望作目として選定し、3回の試験輸出などの輸出事業化モデルを開発してきた。 今回の船舶輸出は船舶輸出専用の梱包材を開発し、昨年の試験輸出(2.7t)に成功した後に、これを生産現場に適用し、可能であった。 

 農業技術院は、研究成果をもとに、アスパラガス輸出のための生産者連合会を設立して輸出量の確保に乗り出し、輸出に適した規格を設定し、品質規格化に乗り出した。 既存の空の道を利用した輸出とは異なり、今回の輸出は、船舶を利用流通コストを削減し、より多くの量を輸出することができ、今後の日本進出が活発になる見込みである。


【記事】

http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20160427_0014049611&cID=10805&pID=10800



1日1回のぽちが、私を救う。

images.png

posted by クライバー at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本初の婚活サイトは、ブライダルネット

 日本初の婚活サイトは、ブライダルネットです。
いまや1100とも言われる婚活サイトで、
最初に誕生しました。

証拠もあります。
日経産業新聞の記事(1996年)BN_1991-1.jpg


新聞記事.jpg
posted by クライバー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:韓国アジアナンバーワン日本制圧...突き放しトップステージに挑戦?

フェイスブックTwitterの共有スクラッププリントが大きく小さく

26日の日本戦で2点目を入れたキム・サンウク(右) - ギムギソン(右第二)の兄弟に入っている。

アイスホッケー協会提供26日の日本戦で2点目を入れたキム・サンウク(右) - ギムギソン(右第二)の兄弟が好きなのだ。アイスホッケー協会提供

1930年以来、アジアアイスホッケーのナンバーワンであえる日本を韓国が超えた」と関係者は語っている。


 27日(韓国時間)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)は前日、韓国の対日本戦勝利(3-0)をこのように表現した。日本は1930年、国際アイスホッケー連盟世界大会に参加した以来、アジアの看板国であった。韓国は1982年に世界の舞台で、日本と初めて会って0-25で大敗して以来、119敗の絶対的な劣勢を記録した。

 しかし、北米アイスホッケーリーグ(NHL)で二度も優勝を占めたことがある白紙宣監督の指導の下、この日34年ぶりに日本を初めて破った。国際アイスホッケー連盟のホームページも2018平昌五輪に出場する韓国チームの日進月歩な成績を「アジアの新しいナンバーワン」と祝ってくれた。3試合で1勝もできなかった日本は、ポーランドとイタリアとの最後の戦いで生き残りをかけ戦いをしなければならない立場だ。



http://www.hani.co.kr/arti/sports/sports_general/741477.html?_fr=mt3


【記事】

posted by クライバー at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS