Powered By 画RSS   【RSS】

2016年07月10日

抜粋:現代車 - 現代重両輪がストライキ秒読み

 1987年の労働者大闘争の成果で誕生した現代重工業労組と現代自動車労組が23年ぶりに同時ストライキを予告している。これに加え、金属労組が「大企業の定期賞与の通常賃金の適用貫徹」を名分に22日にゼネストを筆頭に段階的に闘争の程度を高めると明らかにしている。20167月。「蔚山の足」労働界夏季闘争(夏鬪)がこれまで以上に熱くなって勢いだ。

 すでに現代自動車労組が今月5日の賃金交渉決裂を宣言し、13日の組合員の賛否投票を実施する。次いで、現代の労働組合も、7日、蔚山本社で、中央争議対策委員会の会議を開き、13日全組合員を対象にストライキ賛否投票を進行することにした。現代と現代自動車労組は賃金交渉決裂を理由にストライキのための組合員賛否投票を実施するとの立場を明らかにしている。

 しかし、両社労組が事実上、22日に予定されている金属労組のゼネストの日程に合わせて、合法的なストライキ手順を踏んでいるというのが支配的な観測である。金属労組は「現代・起亜車グループをはじめとする多くの企業が定期的に賞与の通常賃金の適用の要求を収容していない」とし、これを貫徹するというのがゼネストの目的であることを明らかにしている。金属労組のゼネストが一定の部分「大企業は、通常賃金の適用拡大」を側面支援しているだけに現代車労組が前面に出る可能性が高い。現代重工業労組も「現代車労組と7月ゼネストを決議しており、使用者側の一方的な構造調整反対闘争に乗り出す」と明らかにした。



【記事】

http://news1.kr/articles/?2715235


☆現在、金欠病です。どなたか20万円を貸してくださいませんか?

25万円にしてお返しします。あと20万円で、私の小さな夢が実現するのです。

貸して下さった方は、一生、神としてあげつらいます。

一人1万円で20名でも結構です。

返済は、1万1千円に致します。

現状、ティーザ広告は、完成しております。

https://bridalnet.jp

carlos_kleiber_2013@yahoo.co.jp

080-8940-4311


三菱東京UFJ銀行(0005

青山支店(608

(普)5250002


オカザキカズシ




Unknown.jpeg


posted by クライバー at 11:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

抜粋:造船機資材中企業57% 「3年以内に倒産」

 現代重工業、サムスン重工業、大宇造船海洋など国内を代表する造船大企業の経営難悪化に協力中小企業が倒産の危機に追いやられている。中小企業中央会(会長バクソンテク)は、大型造船に納品する協力中小企業300社を対象に実施した現状調査で57.6%が「現在のような状況が続く場合は、3年以上持ちこたえる余力がない」と答えたと3日明らかにした。

 これらのパートナーの70.7%は、過去3年間の売上高の減少を経験したが、売上高の減少率は平均30%に達した。43%は、労働者が減ったと回答し、平均人員減少率は29%となった。中央会側は「造船業受注崖と不況により、大企業だけでなく、3000社以上にも及ぶ中小協力会社も被害がマキシムであることを端的に示している」と説明した。今後造船業景気が回復されるのにかかる時間を尋ねた質問に、`3年以内`という回答が65.1%に達した。


【記事】

http://vip.mk.co.kr/news/view/21/20/1414811.html




posted by クライバー at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

抜粋:チェギルソン現代重工業会長、「高コスト構造は確かに改善しなければ」

 「過去のオイルショックやリーマンショックよりもはるかに大きく、深刻な危機状況を迎えて、私たちのすべての弱点が明らかになった。予測が不可能な将来に備えるためには、高コスト構造を必ず改善します。」


 チェギルソン現代重工業会長は1日、蔚山現代重工業本社社内体育館で開かれた緊急経営説明会でこのように述べた。創業以来初めて全社員を対象とした緊急経営説明会の席だった。

 この日の説明会には、チェギルソン会長、グォンオガプ社長とキム・ジョンファン造船事業の代表社長、ギムファング安全マネジメント室社長をはじめとする7つの事業の代表者が直接参加し、現在の会社の状況を従業員に詳細に説明した。

 崔会長は「私たちの現実を正確に認識して、受注が回復されている状況が来たとき​​には必ず、そのチャンスをつかむことができるように競争力の回復に力を集めなければならない」と強調し、「字句ない推進過程で不便や困難を経験しただろうが、すべてのメンバーが力を合わせて、今の困難な状況を克服し、名誉と誇りを取り戻すことができるよう積極的に参加してほしい」という要請も忘れなかった。

 説明会では、主債権銀行から承認を受けた字句の中の主な内容についての説明もあり、現場質疑応答などを通じて従業員が気になる内容を事業の代表者が直接説明する時間も設けられた。

 説明会は、役職者など3000​​人余りが参加した中、午前1030分から1時間30分の間進行され、参加できなかった従業員のために社内放送を通じて全事業場で生中継した。現代重工業は、全社員が会社の経営環境を理解することが重要であると判断し、説明会が行われている間、全事業場の操業を一時停止した。


【記事】

http://www.koenergy.co.kr/news/articleView.html?idxno=82772


82772_31016_457.jpg

posted by クライバー at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:現代重工業、操業停止「非常経営説明会」開いた」高コスト構造は必ず改善しなければ

 「オイルショックやリーマンショックよりもはるかに大きく、深刻な危機状況である。高コスト構造を必ず改善しなければならない。」現代重工業(104,500ウォン▼1000 -0.95%)は、チェギルソン会長が蔚山本社社内体育館で開かれた「緊急経営説明会」で、会社の経営状況を従業員に知らせたと1日明らかにした。

 現代重工業はこの日以来、初めて全社員を対象に、緊急経営説明会を開催した。従業員3000人を対象に進行され、参加できなかった従業員は、社内放送を通じて説明会の進行状況を見守った。現代重工業は、説明会が行われている間、操業を一時停止した。チェギルソン会長、グォンオガプ社長、キム・ジョンファン造船事業の代表社長、ギムファング安全マネジメント室社長など7つの事業部の代表は、説明会に参加して、希望退職、勤務時間の短縮等の経営改善計画を明らかにした。

 チェギルソン会長は「現実を正確に認識して、受注が回復されている状況が来たときには必ずチャンスをつかむことができるように競争力の回復に力を集めなければならない」とし「字句ない推進過程に不便や困難を経験しますが、すべてのメンバーが力を合わせて困難な状況を克服し、名誉と誇りを見つけることができるよう積極的に協力してほしい」と述べた。

 現代重工業は、20149月以降、株式や不動産を売却するなど、経営改善活動を通じ、4兆ウォンを確保したが、受注不振が続き、困難を経験している。2018年までに35000億ウォンを確保するという字句計画を主債権銀行から承認を受けた後、経営改善作業を進めている。


【記事】

http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2016/07/01/2016070102173.html


2016070102114_0.jpg

posted by クライバー at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

抜粋:火のついた電気自動車戦争、韓国はまだ足踏み

 最近フォルクスワーゲン排出ガス操作事件が水面上に浮上し、自然に自動車の燃費操作の問題が浮上した。加えてディーゼル車が微細粉塵の主犯として数えながらも、環境にやさしい自動車が注目されている。その中の電気自動車は、電気エネルギーを利用してモーターを稼動させる車自体は完全無公害​​車で耳目を集中させている。

 しかし、これまでの競争力の理由で愛されていない電気自動車をグローバル企業が運行距離を二倍ほど増やした実用的な電気自動車市販の目の前に置いており、全世界的に、電気自動車の戦争が予想されている。


【電気自動車後進国、韓国】

  

韓国は電気自動車市場後進国に挙げられる。技術力はもちろん、充電インフラが絶対的に不足しているからである。ここに絶対に必要な国内電気自動車政策もむしろ後進しているという批判を受けている。これまで無料だった急速充電スタンドの使用料金が今年4月から有料化したためである。たとえガソリン車と比較して45%レベルであっても、充電インフラも不足している状況で、政府の政策は、電気自動車市場に冷水を浴びせる格という批判が提起されている。これは、微細粉塵対策としてディーゼル車を挙げながらも電気自動車のインフラを設けていない政府の皮肉な政策というものである。

  

 不足している充電インフラと技術力にもかかわらず、私たちの会社は、電気自動車の開発に熱を上げている。現代自動車は、1回の充電で320qを走る電気自動車SUVのを2018年公開を目標に開発中である。また、2020年までに26種のエコカーラインナップを備えという計画も明らかにした。加えて、629日には、ジェネシスのブランドを活用した高性能電気自動車を発売するという計画も披露した。これは、電気自動車の主性能に選ばれる1回の充電時の走行距離を確保して、高級化戦略を前面に出して電気自動車市場に対応するという方針だ。



【記事】

http://hyundaenews.com/sub_read.html?uid=22765&section=sc2&section2=

posted by クライバー at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS