Powered By 画RSS   【RSS】

2016年06月19日

抜粋:「中国共産党幹部、財産逃避のために日本での代理出産」

 中国共産党の幹部が日本で代理母を介して子供を産んで日本国籍を取得するようにした後、子供の名前で財産を逃避させていると毎日新聞が18日報じた。これは、習近平国家主席の反腐敗政策を避けるためだと新聞は付け加えた。

 毎日は共産党幹部の財産逃避のために代理母を介して日本国籍の子供を持っていたが、40代の男性の証言を掲載した。この男性は2013年6月9日の夕食後、中国共産党中央要職にある叔父から「一族として決断することがある。今来い」と、電話の呼び出しを受けた。この男性の叔父は、「習近平指導部が徹底的に反腐敗闘争をしようとする。当局の手の届かないところに私たちの資産を隠しておくしかない。代理出産で日本国籍の子供を作れ」と要求した。

 この男は、日本の東京も新宿歌舞伎町で自分の精子と奥さんの卵子を採取し、代理出産を介して2014年8月の男の子を得た。子供人の通帳には20億円(約224億9260万ウォン)が入金されたと毎日新聞は伝えた。

 毎日は、親族が有事の際、中国から日本に避難できるようにするために、代理出産を介して子供を産んだという、30代の女性も紹介した。30代女性の夫は、貿易会社の役員であり、夫の叔父は、共産党と政府の要職を兼任していると毎日は報道した。この女性は、夫の叔父から「家族の中に、日本国籍の子供があれば、国が破綻しても避難に行くのが容易になり」という言葉を聞いて、2013年5月に東京新宿で夫の精子と自分の卵子を採取して、代理母をを通じて息子を得た。

 毎日新聞は、東京新宿区歌舞伎町を拠点に代理母出産ビジネスが形成されていると伝えた。新聞は一中国人仲介業者が4年の間に86人の日本国籍の中国人の子供を代理母を介して出産したという記録を確認したと付け加えた。


【記事】

http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201606191016001&code=970203

posted by クライバー at 13:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:シアンで変電所の爆発事故...サムスン半導体工場もいくつか被害

 中国陝西省西安変電所で発生した大規模な爆発事故で、現地サムスン電子半導体生産工場も被害を受けたことが確認された。サムスン電子の関係者は、「瞬間的な電圧降下現象が発生し、半導体工場内の一部の生産設備に影響を与えた」とし、「被害レベルは、全体のシアン工場の生産能力の1%未満のレベルで市場に影響はほとんどないことが分かった」と説明した。爆発事故が起きた変電所は、サムスンの工場で直接電力を供給していなかったが、周辺電力網への衝撃を与えたとの説明である。

 この関係者は、「現在の電力供給は、正常に行われており、稼動が停止した設備は、復旧作業をしている」とし「回復時間この時間はかからないだろう」と述べた。サムスン電子は中国西安の半導体工場で3D NAND型フラッシュを生産している。ここの現在の月生産能力は300mmウェハ投入基準10万枚レベルである。

 中国のメディアによると、18日午前030分頃シアン南に位置するグォディェン(國電)山施工の330キロボルト(㎸)級の変電所での大型爆発事故が発生した。目撃者は、爆発に変電所の上の炎が飛んだ周辺の電力供給が停止したと伝えた。


【記事】

http://www.etnews.com/20160619000003?m=1

posted by クライバー at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:受注造船業界、下半期も不振の見通し...

 リストラの真っ最中、造船業が最近になって、意味のある受注を上げているが、受注不振は下半期まで続くとの見通しが出てきた。業界は、原油価格の変動に応じて発注量が異なることがあると報告している。最近、全国経済人連合会(全経連)は、ソウル汝矣島全経連会館で「2016年の経済・産業の展望セミナー」を開き、下半期にも不利な経営環境が続くものと見した。

 受注回復はカナダの原油生産回復と米国の金利引き上げで、国際原油価格の上昇も限定的だろうという分析だ。私たちの造船業界は、上半期末尾ぐらいになってようやく、ようやく受注を開いた。

 現代重工業の場合、先月クウェートのAMPTC社で159000DWT(載貨重量トン)級タンカー2隻を受注した。今回の受注は、現代重工業とAMPTCが今年3月に締結した船舶の契約のオプション2隻を発酵したことによるものである。 

 大宇造船海洋も最近、昨年11月以来、7カ月ぶりに受注に成功した。大宇造船はギリシャアンジェリクシスグループ傘下マランガスとマランツタンカースで液化天然ガス(LNG)船2隻、超大型原油運搬船(VLCC2隻をそれぞれ受注した。城東造船海洋も7ヶ月ぶりに受注干ばつで脱出することに成功した。ギリシャで75000トン級製油運搬船4隻(オプション2隻を含む)、約17000ドル規模の契約を締結し、一息ついた。大統領選挙朝鮮はSUS(ステンレス鋼)タンカー4隻とPC(石油化学製品を運ぶ)船2隻を獲得した。


【記事】

http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20160618010008842

posted by クライバー at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:「底力不足」韓国バレーボール、二日連続フルセットの敗北

 また、底力が足りなかった。韓国男子バレーボールが二日連続フルセットの接戦で敗れた。ギムナムソン(62)監督が率いる韓国代表チーム(世界ランキング23位)は18日、日本大阪中央体育館で開かれた2016国際バレーボール連盟(FIVB)ワールドリーグ国際男子バレーボール大会2グループBの第2戦でフィンランド(18位)に2-322-2519-2529から2725-1917-19)になった。勝ち点1を獲得した韓国は、2連覇(勝ち点2)を記録した。2007年以来、続いていたフィンランド連敗数も「8」に増えた。相手戦績は39敗になった。韓国は前日のようにパク・ジヌ(26・私たちのカード)・チェ・ミンホ(28・現代キャピタル)を1セットスターティングに出場させた。リベロもジョンソンヒョン(25OK貯蓄銀行)とヨンチャン(27・三星火災)が昨日と同じようにレシーブとディグを分担した。

 1セット序盤、韓国はKaurさんとオーヤンシのサーブに対応できず、6-10になった。ムン・ソンミンとパク・ジヌのブロッキング炸裂で10-10まで追い上げに成功した。しかし、ハンソンの数がサーブを8秒以内に入れなかったという判定で得点を奪われた後の雰囲気を再渡した。結局、韓国は、安定したプレーを繰り広げたフィンランドに1セットを奪われた。韓国は2セット序盤にもオヤンシのサーブを全く受けないで連続7点を奪われ1-109点差までになった。ジョンジソクのブロッキングとC速攻、サーブ得点などが炸裂し8-12まで追いかけたが、そこまでだった。レシーブがされていない中央の攻撃をしようとしていなかった、相手ブロッキングを相次いで可能にした。ジョンジソクが一人で8得点を上げたが、勝負を覆したができなかった。


【記事】

http://news.joins.com/article/20189273

posted by クライバー at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抜粋:造船3社「構造調整反対ストライキ手順」

 現代重工業労組がストライキを決議しながら、造船の3社すべてがストライキ手順を踏んでいる。

 現代重工業労働組合は17日、蔚山本社で一時的代議員会を開き、争議発生を決議した。労組は来週、中央労働委員会(中労委)に労働争議調整申請を出した後、来月初め、組合員約17000人を対象にストライキ賛否投票を開始する。組合員投票で過半数以上の賛成が出てきて中労委の10日間の調整期間を経れば労組は合法的にストライキできるようになる。

 労組は争議発生決議理由について同社は、今年の賃金と団体交渉を誠実に取り組まなかったからだと明らかにした。労組は使用者側が明らかにした非中核事業部門分社などを強力に反対している。

 これに先立ち15日、サムスン重工業労働者協議会もリストラ案に反発してストライキを決議した。ストライキ賛否投票が近いうちに実施される予定である。

 大宇造船海洋労組は1314日に実施した組合員ストライキ賛否投票で賛成率85%でストライキを可決させ、中労委に調整申請を出しストライキ準備を事実上終えた。

 一方、全国民主労働組合総連盟(民主労総)は、来月総連盟所属の現代重工業と現代自動車労組の共同ストライキを進めすると明らかにし、ストライキの余波が大きくなる見通しだ。両社の共同ストライキが実現される場合、1993年の賃金団体協議で共同ストライキが行われた後、23年ぶりである。昨年9月に造船業種労組連帯と現代・起亜車グループ労組連帯会議が共同集会を開くことにしたが、現代車労組が参加して失敗に終わっされた。現代車労組は16日、蔚山工場の本館前の組合員4000人余りが参加した中で賃金団体協議出征式を開催しました。


【記事】

http://www.moneyweek.co.kr/news/mwView.php?no=2016061817178025813#close_kova



2016061817178025813_1.jpg

posted by クライバー at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
About     【RSS】

Powered By 画RSS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。